久しぶりの太陽の顔で嬉しくなった私

本日の天気は、晴天です。私が朝起きた時間帯には、すでに太陽が顔を出していました。
私は、久しぶりに太陽の顔を見たように思います。というのもここ最近は、雨が連続していたのです。実に一週間ぶりの太陽ではないでしょうか。
現に一昨日も、かなりの大雨でした。お昼頃までは曇り空だったのですが、お昼過ぎ辺りから急に曇ってきましたね。ちょっと一昨日は、ゲリラ豪雨だったと思います。ちなみに雨だけでなく、雷もかなり激しかったのですが。
そのような天気は、ここ1週間くらい連続していたように思います。ゲリラ豪雨が降っていたあたり、ちょっと最近は大気が不安定な状況だと思いますね。
ところが本日の天気は、上記で申し上げた通りです。久しぶりに太陽の顔を見ると、何となく嬉しくなってしまいますね。
ただし、この晴天がずっと継続するか否かは不明です。現に一昨日も恐らく雨は降らないと思っていたのですが、突然の雨となりました。そのような急変が起きないとは言い切れませんので、突然の夕立が起きても不思議はありませんね。もっとも確率は低いとは思うのですが。
どちらにしても天気が良くなっている以上は、ちょっと今日は外に行ってみようかと思っています。ここ最近雨によって外出が難しかったので、久しぶりに外に出かける事ができるのも少し嬉しいですね。もっとも前述の夕立の可能性もありますので、置き傘などは必要不可欠なのですが。
こうして考えると、太陽というのは人々にとっては必要不可欠な存在だと思います。

執事系のCDは女性に夢を与える

今の季節って、子供も大人も体調が崩れてしまい易いらしいです。近所の4歳になる男の子は、普段は元気でそこら中を走り回っていますが、最近姿を見かけないなと思っていた
ら、生憎「子供の風邪」に罹ってしまったらしく、熱が40度近くあったのだと聞き、「子供は風邪に罹っても熱が出た後、下がって治るから却って良いのではないか」と
ある意味、楽観的な考えに辿り着いたのです。

 

と言いますのも、知人の高齢者で今年83歳になる女性が「微熱がずっと続くのに、熱が下がらないし薬を飲んでも、余り効かない」と、
ダラダラ続く風邪の症状に今も悩まされているのを知っているからです。高齢者になると、熱が一気に上がらないのです。
その女性は唯一の趣味がカラオケで、よく以前は趣味仲間と一緒に誘い合ってカラオケを楽しんでいましたが、こう風邪の症状が長く続くと「大好きなカラオケどころではない」と
言っています。昔の曲「異国の丘」や「小畑実」といった歌手のCDを集めてよく聞くのだそうです。

 

異国の丘は私も知っていますが、何とも言えない哀愁が曲全体に漂っており、
「こういう曲ばかり聴いていたら、却ってブルーな気分になりそう」と感じました。やっぱり、そんな時は声優さんのCDに限ります。人気声優である石田彰さんや、近藤隆さん
が執事になり、弱ってるお嬢様の為にあれこれ世話を焼いてくれるCDが有ります。そのCDはとても内容が凝っていて、紅茶を注いでくれたりするのです。
聴くなら、こんなCDが良いです。

更新履歴